So-net無料ブログ作成
検索選択

個人再生の道のり(3) 申し立て10日後 [連帯保証人(個人再生)]

●申し立て10日後に追加資料を求められる

個人再生申し立て(11/1)をしてから10日後に、裁判所の担当書記官から弁護士事務所へ質問が来ました。
申し立ては、とりあえず軌道に乗ったようです。

・今後の支出について
子ども進学について

これらの計画はどのように考えているかを教えてくださいという質問でした。

弁護士さんは、この質問の意図を、担当書記官に直接電話で確認したそうです。

「安定した収入があって貯金ができるくらいなら、債権者に返すべきだ」
こう考えているのか、
「安定した収入があって貯金をして子どもを進学させてもちゃんと返済できる」
ことを確認したいのか。

弁護士さんは書記官に尋ねてみて、後者だと判断しました。
弁護士さん:
「おそらく担当書記官の方は、お子さんの進学を気にかけているのでは。
借金がなくても、母子家庭で子どもを進学させるのは大変です。
再生計画が通ればこのようになって子どもを進学させることができます、と根拠を示せればよいのだと思います」


そして追加で用意した書類は、

・課税証明書
・さらに詳しい事業の実績と見込み(H27〜29.12月)
・就学支援等、手当の明細
・進学費用参考資料

これらをすぐに用意して回答としました。


“母子家庭で進学させるのは大変・・・”

確かに普通はそうでしょう。

でも。
我が家の場合は、離婚前の方がはるかに、はるかに!大変でした。
子ども2人だけでなく、金のかかるオットを、養っていましたから。

「離婚後の方が豊か」であることは、私がこのブログで綴ってきた回顧録を読んでもらえればよくご理解いただけると思うのですが、さすがに弁護士さんにも裁判所書記官にもブログのことを明かす勇気はありませんでした(笑)


個人再生の道のり(4)に続きます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

スポンサーリンク




nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個人再生の道のり(2) 準備〜申し立て [連帯保証人(個人再生)]

●個人再生を選んだ理由

倒産の危機に瀕した会社の救済策に「民事再生」という法制度があります。
それの個人版が、「個人再生」です。
(ちなみに個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類があり、サラリーマンの方はどちらを選んでもよいのですが、私の場合は自営業者なので「小規模個人再生」以外は選べません。)

借金の額・清算価値・今後の見通し、これらを見比べて自分にとってもっとも経済的にも精神的にもダメージが少ないと判断したのが、個人再生です。
ローンの残る住宅に住んでおり、それを売却しても借金が返せない。
そのほかにも売却できるような資産がない。
だけど少しずつなら安定して返済できる見込みがある。
そのような人の救済策です。

一応、自己破産パターンも弁護士さんと試算してみました。
これだと確かに全額借金が消えますが、自宅は手放すことになります。
借金から解放されるまでの期間は圧倒的に早いですが、その後は子どもたちと3人で生活するための手頃な賃貸住宅を探すことから始めなければなりません。
おそらくその賃貸の住居は、広さや使い勝手など現在よりも不便を感じるものとなるでしょう。
今の家がそんなに素晴らしいわけではないですが、14年間住んできた心地よい空間であり、近隣の友人関係にも恵まれ、快適に暮らしてきました。
もし自己破産して借金がなくなったとしても、毎日慣れない住まいに不満を感じながら過ごすのはとんでもなく人生の損失だと思うのです。
苦労を考えると見合わないと私は思いました。

それに主債務者は無傷で連帯保証人だけが生活激変なんて理不尽すぎ。
法を味方にした自己防衛手段でありささやかな反撃が「個人再生」というわけです。
(でももし債務が億単位だったら自己破産を選んでいたでしょうね〜)
離婚して2年、連帯債務は想定内。
今はもう、元オットのことは恨んではいません。
しかし生活環境を変えると、毎日思い出しては恨んでしまいそうです。
だから生活環境は変えず、支払うものは払って、過去にとらわれずきれいさっぱりしたい。

9月に弁護士事務所に正式依頼をし、申し立ての準備が始まりました。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個人再生の道のり(1)  [連帯保証人(個人再生)]

みなさま、ご無沙汰しております。
前回の投稿から1ヵ月以上、あいてしまいました。
借金返済、というか借金圧縮計画が着々と進んでおります。

これまでの流れをざっとまとめてみます。

H27年
9月 主債務者(元オット)の返済滞納が知らされる
  残債約800万円。以降、毎月信金へ10万円元オットの代わりに返済
H28年
3月 住宅ローン借り換え審査
   過払い金調査・司法書士相談
4月 住宅ローン不可、過払い返還ナシがわかったので、信金への返済をやめる
5月 弁護士や法テラスに相談
   「個人再生」検討
   保証協会以外の債務をゼロにするためにクレジットカードの利用を自主的にやめる(公共料金の支払をすべて銀行引き落としに変更)
6月 弁護士に具体的に相談
7月 (元オットの賃貸契約の連帯保証人から外れる)
8月 保証協会が信金へ代位弁済
9月 保証協会との面談(保証協会に行ってきました
   弁護士事務所と正式契約
10月 「個人再生」申立準備(2016年9月末 借金残高 保証協会その後
11月 11/1 裁判所へ個人再生申し立て
   再生委員が選出され、費用15万円を支払う
12月 再生委員との面談
※12/9に再生委員(裁判所が任命した弁護士さん)と面談してきました。←現在ここ。

続きを読む


nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。