So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年6・7月 続々と支払滞納発生 [【回顧録】借金と離婚のいきさつ]

2015年1月、会社の代表者となりヤードでの仕事を続行していた元オット。
5月頃までは何とか最低限の支払は続けていました。
元オットの友人から聞いた話によると、
ずいぶんいろんな人から借りているらしいとのこと。
一緒にいた頃は、その穴埋めを私がやることで維持していたのだから、
私に代わる誰かから借りなければまわらないのは当然です。


スポンサーリンク





固定の支払先は、
ヤード家賃、オークションへの分割払い、信金融資返済です。
その他、自分で利用したクレジットカードの支払があると思いますが
当然ながらそこは私は把握していません。

この固定の支払先。
ヤード賃貸料は、
賃貸人名義が社名で、代表者が元オット。
私が連帯保証人になっているものです。
これは未払いが発生したら不動産仲介業者から連絡があるはずですが
何も連絡がなかったので大丈夫だと思っていました。
契約書には月末に翌月分を払う、もし10日過ぎても支払がない場合は解約したものとみなされる、と書いてあったので、未納が続けば連絡がくるはずでした。

オークションの分割払い。
これは2014年8月に仕入れた車両代金を、そのとき一括で払えなかったため
1年間12回払いに変更した支払です。
月々約9万円。1年前に仕入れた車数台はとっくに売れて手元にはないけど、
支払だけが延々続いていました。
オークションの登録は、代表者が私から元オットへ変更済みでしたが、
この分割払いのサービスはオークションとは別の関連会社で、
代表者は私のままになっていました。
オークションと同列会社だから自動的に変更になるかと思ったら
そうではなく、個別に代表者変更手続きをしなければならないとのこと。
変更のために現時点の謄本や印鑑証明が必要で、
すでに実印もすべて元オットに渡してしまっているその時点では
私にはどうすることもできませんでした。

信金融資返済。
これも代表者変更して主債務者は元オット、
ですが連帯保証人が私。
月々10万円の返済です。

この3つ、元オットが主債務者ではありますが、
すべて私が何らかの形で責務を負っています。
これらの未納が、6月頃から次々と発生していきます。
 
 
オークション支払は引落し日に会社の口座から落ちなかったら
私へ連絡がきます。
私はもう代表者ではないので、現在の代表者に連絡してくださいと言うと、
登録上その人は届出されていない第三者だから連絡できないという。
あくまでも私が代表者だから払ってくださいと。
払うのはいいけど、2月の段階でオークション会場に届出ているように
実際はその会社の代表者は変わっているのだから、
連絡一本でいいから、元オットに連絡して欲しいと頼んでみたのですが、
頑として聞き入れてくれませんでした。
このやり取りが毎月引落し日のあとにありました。
結局5・6・8月と、3ヵ月分、私が支払い、終わりました。

信金融資返済の件。
これも6月の返済日に現金が口座に入っておらず、引落し不能。
予定日過ぎると信金担当者は毎日のように元オットに連絡を入れていたそうです。
遅れながらも5月分まではなんとか返済した元オット。
しかし6月以降は未納のまま翌月の返済日がきてしまい、
担当者も困っていました。
この担当者は私が代表者をやっているときからのお付き合いで、
信頼関係があるため、この返済遅延の状況は逐一私に報告してくれていました。
信金担当者からの電話には、一応出ているらしい元オット。
でもいつも言うのは、
「もうちょっと待って」
「今やっている仕事がお金になったら払う」
「今厳しいけど来月大丈夫」
こんな感じの、根拠のない言い訳だったそうです。
変わってないなあ・・・ 

6月、7月と滞納が続き、
信金担当者から私への連絡がきました。
「3ヶ月滞納が続くと、
保証協会の代位弁済の準備に入ります。
その可能性も出てきたので、一応お知らせしておきますね」

ついにきたか。
まあそれも想定範囲内。
遅かれ早かれこうなることはわかっていました。
(でも社長交代から半年で・・・早っ!!)

銀行融資返済残高は6月の時点で約800万円。
滞納が3ヶ月を越えて、
代位弁済予告の内容証明が信金から
私の元へ送られてきたのは9月のことでした。
 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

スポンサーリンク





nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: