So-net無料ブログ作成
検索選択

2010年 債権者が家にやってきた [【回顧録】借金と離婚のいきさつ]

ちょっと前に戻ります。2010年のこと。
債権者というか・・・、板金の外注職人さんたちです。
中古車を修理してもらって、1台ごとに料金を決め、
修理が終わると支払っていました。
それが未払いなんだから、立派な債権者ですね、ハイ。


スポンサーリンク
車の修理が終わって、いざ支払いの日というときに、
「ちょっと待って」「来週払う」「売れたら払う」で
待たされ続けた板金職人さんたち。
皆さん、フリーの個人事業主だから生活かかってます。
何度かは、長い付き合いのよしみで待ってくれてたようですが、
いよいよ限界で、元オットに話してもラチがあかないと
思ったようです。

アポなしで、2名の職人さんが突然我が家にやってきました。

とりあえず仕事部屋に通すと、
未払いになっている車のリストと合計金額、
それをいつまでに支払います、と予め書かれた念書を
見せられました。

一人は強い態度ですごみ、一人は下向いてガックリきた様子。
どちらも還暦近いオッサンたちです。

最初、「詳しいことは知りません、◯◯(元オット)と話してください」と
突っぱねていましたが、
「だって奥さん、あんたが社長なんでしょ!?」
と、速攻切り返されます。
確かにその通り。

今、お金がないから払えない、ってことを真剣に訴えました。
しかしまったく納得して帰る気配無し。

しばらくの沈黙の末、
「奥さんの方の商売はうまくいってんの?」
と聞いてきます。

私「はい、まあなんとか・・・」

(Mac2台&周辺機器、Windowsノートを指差して)
職人A「このパソコンでやってるんだよね?」
職人B「お宅がどうしても払わないっていうなら、
ヤードにある車か修理道具か、ここにあるモノ、
代わりに持っていくことになるよ?」
職人A「お宅のせいで自分ちの家賃もクレジットカードも払えなかった!
どうしてくれるんだよ!!」
職人B「わざわざここまで来たんだから払え!!責任とんなさいよ!」

二人いるので、どんどんエスカレートしてきます。
 

・・・マズイ。

そのやり取りは午後3時頃でしたが、
もう少ししたら、子どもたちが小学校から帰ってくる。

その前に、なんとか急いでこの人たちを納得させて、追い出したかった。
で、思わず、
私「わかりました、払います!現金はないから、振り込みます!
念書にもサインします!!」
と返答し、念書に署名、捺印をしました。

鼻息荒い状態で、そのお二人はとりあえず納得し、
帰っていきました。

入れ違いくらいのタイミングで子どもたち帰宅。
何とか見られずに済んだ。

・・・疲れた。
 
 
元オットに、こういうことがあって
乗り込まれたから、払う約束をしたと話すと、
「なんでそんな約束したの?!
払わないとは言ってなんだからこっちは悪くない!」
と逆ギレ。

あんたがそんなんで、ハナシにならんから
こっちに来たんでしょうが!!!
大体、技術料をケチる時点で、あんたが悪い!!

彼らは板金職人。
私はグラフィックデザイナー。
職種は違うけど、技術でお金をもらう点では同じです。
それを、「経費かかってないでしょ」っていう感覚で
支払を渋ったり、踏み倒したりするのは、
とても許せるものではありません。
私だったらこんな人から仕事を請けたくはない。 

オッサンたちの主張を援護すると、

「じゃあ、そんなに言うなら、アナタが払って。
自分は払わない」という元オット。

・・・・はぁ??

変な理屈で、またもや逃げる。
どこまでもセコい。あきれました。

次の日、
私は自分の口座から板金職人さんたちへの支払を済ませました。

2009年から2013年の間、
このオッサンたちだけじゃなく
陸送屋さんや仕入れ先の業販店、同業の外国人などが
元オットと話し合いができずにうちにやってきました。
県税事務所も自動車税未納だったので
再三の督促通知の末、差し押さえ予告書を持って来たっけ。

はぁ・・・しんどかった。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

スポンサーリンク





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。