So-net無料ブログ作成
検索選択

2009夏 厄払いのために吉方位旅行 [【回顧録】借金と離婚のいきさつ]

katsuura.jpg
 
かつての職場の同僚で、
都内で会社を輸入雑貨の会社を経営している友人がいます。
私がデザイナーとして独立して以来、たびたび仕事を発注してくれ、
現在も公私ともに心から信頼できる友人です。

国内外の為替や株価、金融緩和の情報や政府の政策など、
経済動向を常にチェックしている姿勢に私はいつも感心していました。
その彼女も、円高のあおりで大変な損失を被っていました。

それほど知的で理性的であっても、
不景気の波は避けられない。
慎重に計画的に運営していても、
予想だにしなかった方向から大打撃をくらうことがあります。

普通だったら自分の会社の経営不振はあまり話したくないものですが、
資金繰りで苦しんでいる、もう気分サイアク、という共通点を
お互い何かの拍子にカミングアウトするような流れになり、意気投合。
もともと気の合う友人でしたが、一層深い絆を感じるようになりました。

その友人も、打開策を講じてもなお好転しない状況の中で、
 
この苦境の正体は「運気」かも
 
と思っていました。
 
 
 
成功を収めている大企業の経営者であっても
年始に参拝して多額の奉納をしたり、
進出の際には吉方位を専門家に見てもらうとかいうことは
以前聞いたことがありました。
そうか、運気を気にするのは別に変なことじゃない。
 
 
以前なら、そういうことはちょっとバカにしていた私でしたが
こうなったらもう藁にもすがる思いです。
 
 
インターネットで自分たちの運勢を調べ、
二人にとっての吉方位へ参拝しに行こうということに。

私と友人は同い年生まれなので、
九星気学では同じタイプになります。「六白金星」つながりです。

で、吉方位検索。
今年六白金星は「南東」が吉らしいよ!!
(本当はこんなに単純なものじゃないのですが、まだ詳しく知る前のことなのでかなりいい加減)
二人の住まいから南東にあたる共通の場所を探します。
千葉県勝浦に決定。
 
 
2009年夏、うだるような暑さの中、
友人と私は電車を乗り継ぎ2時間かけて
千葉県勝浦市の遠見岬神社にお参りに行ったのでした。
人生初の「祐気取り」です。
 
 
 
のどかな観光地である勝浦の港町は
水着姿の家族連れや釣り人、
若いグループやカップルが観光を楽しんでいます。
しかし我々は崖っぷちの開運祈願。
顔面蒼白な二人は賑やかな通りから離れて神社まっしぐらです(笑)
 
 
まったく信心深くない自分が、参拝のためだけにここまで来た。
自分でもびっくりです。
確かに良い気分転換でした。
行き先はきっとどこでも良かったのでしょう。
 
気持ちを共有できる友人の存在が、何より有難かった。
 
 
しかーし、
開運旅行で何とかなるようなレベルの厄ではなかった。
初めての吉方位旅行が2009年、
このあと2014年まで、どんどん深みにはまっていきます。


アフィリエイトのアクセストレード

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

スポンサーリンク




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: