So-net無料ブログ作成

2008年以降>>黒字なのに現金がない。回収不能の売掛金の増加 [【回顧録】借金と離婚のいきさつ]

自動車の売上に対する原価率は90%くらいだったので、
50%もらって残りが回収できなければ完全にアウト。
一方、私のデザインの稼ぎは、原価率ゼロ。経費抜いても9割方粗利。
こっちで稼ぐ分を泣く泣く元夫の事業にあてる、というサイクルが始まりました。

輸出前に半金、到着後に半金というルールで輸出していたので、
半分は確かに回収していますが、
それでは原価にも届かない。

B/L(Bill of Landing)という船積み証券があります。
輸出入の際に発行される最重要書類です。
輸出先に商品が到着しても、そのB/Lを提示しなければ、お客さんは商品を港から引き取ることができません。
なので、到着したのを確認したお客さんは、残りの半金を送金してきます。
これを確認したらB/L原本をDHLなどで郵送するか、Surrender(原本不要で引き上げを許可する)という指示を出して、取引完了。
これなら取りっぱぐれはありません。

しかし元オットは、そのルールを曲げることがたまにありました。
それは、
・長いつきあいの取引先
・元オットの親族または友人 
への輸出の場合です。
頼み込まれると、じゃあ今回だけね、そっちで車売れたらすぐ送ってね、と
残りのお金をもらわずにB/Lを渡してしまう。

この甘さが、積もりに積もって
莫大な未回収の売掛金となったのです。
 
 
 
不規則に海外取引先からの入金も、たま〜にあったので、
そういうときに補填で持って行かれた分を自分の口座に
速攻戻したりもしていましたが、
それも徐々になくなり。
いつの間にか、足りない分は私が出す、ってのが当たり前な感じになっていきました。

それでも足りない急な支払のために、
実家の父に相談して200万円を借りました。
電話するのは当然私です。

父は、詳しくは何も聞かず、「大変なときは言えよ」と言ってくれました。

元オットは、一応口ではありがとう、助かった、とは言っていましたが、
直接借りた本人ではないので罪悪感はなかったと思います。
「今年中に返すよ」と口では言ってましたが。
言うだけならタダですもんねえ。
 
この、「◯月までに返す」「もうちょっとでうまくいく」というフレーズは、
このあと離婚に至るまで、何百回も聞くことになりました。
 
あ、離婚してからも言ってますワ(笑)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

スポンサーリンク





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。